省エネルギー型ハイブリッド染色機
 染色は、大量の水の中に生地を泳がせ、60~130℃まで温度を上昇させ、数時間かけて行うため、莫大なエネルギーを必要とする。過去から省エネルギータイプの染色機の導入を進めているが、特に近年では染色機メーカーとの共同開発により素材に適した省エネルギー型ハイブリッド染色機を導入するなど、積極的に省エネルギーに取り組んでいる。


 
ページトップへ